おまとめローンの審査を検討する!自分に最適なものを選ぶ方法

おまとめローンは銀行、信販会社、消費者金融などの会社で提供しています。適当に選んでしまうと後で他社のおまとめローンのほうが良かったと後悔する恐れがあります。誰しも余計な手間と時間をかけたくないものですよね。自分に最適なおまとめローンを選んで申込みしたほうが良いでしょう。

おまとめローンって何?

数社からの借入を1社に一本化したい時に便利なのがおまとめローンと呼ばれる商品です。毎月数社へ返済していると手間がかかりますが、1社になると楽になります。総額で幾ら借りているのかも分かりやすい、毎月の返済額も分かりやすいなど様々なメリットがあるのです。

銀行、信販会社、消費者金融ではカードローンも提供しています。使途自由なカードローンであれば、おまとめ目的でも利用できます。しかし借入も返済もできるカードローンとは違い、おまとめ専用ローンでは返済用となっています。

おまとめ作業完了までの流れ

申込みからおまとめ作業完了までの流れは次の通りです。

  • 申込み
  • 審査開始
  • 審査合格
  • 契約
  • 借入
  • 他社借入を一括返済

おまとめローンでの借入額が少ないと他社借入の一括返済時に足りなくなります。他社借入が総額で幾らあるのか事前に調べて下さい。

おまとめ作業完了をもって全て終了するのではありません。当然ではありますが、おまとめ作業完了後はおまとめローンへの返済が必要です。完済してから初めて全ての流れが終了すると考えておいて下さい。

おまとめローンの申込み方法

銀行、信販会社、消費者金融よって申込み方法が異なります。各社でいくつかの申込み方法を用意しており、その中から都合の良いものを選べます。最も便利なのがインターネットでの申込みとなっています。

おまとめローンの金利

おまとめローンでは利息分の節約効果も得られます。しかし現在の借入先よりおまとめローンのほうが高い金利なのでは意味がありません。金利も銀行、信販会社、消費者金融よって異なりますので、どの位金利が低くなるのか事前に調べておいて下さい。

おまとめローンの借入限度額

おまとめローンでは借入限度額の範囲で利用できます。数社の借入を一本化する関係上、比較的高めの借入限度額を用意していますが、現在の総借入額で1社にまとめられるか事前に調べておきましょう。

おまとめローンの審査時間

おまとめ目的とはいえ、一般的なローンと同じような審査を行っています。生活費や家賃などと違い、おまとめ目的の場合は急ぎでは無いですよね。審査時間は各社で違いがありますが、それ程審査時間を重視する必要は無いでしょう。

銀行おまとめローンの特徴は?

大手都市銀行、地方銀行、ネット銀行など様々な銀行で提供しているのが、銀行おまとめローンです。大手都市銀行には信頼感がある、地元の地方銀行にはいつも利用している安心感がある、ネット銀行には店頭窓口まで出かけなくても済むメリットがあります。

銀行おまとめローンの主な特徴やメリット

その他の主な特徴やメリットは次の通りです。

  • 申込み方法 インターネット/店頭窓口/電話/郵送
  • 借入限度額 信販会社や消費者金融と比べると高め
  • 返済期間 信販会社や消費者金融と比べると長め 最長15年のおまとめローンもあり
  • 金利 信販会社や消費者金融と比べると低め
  • 審査時に照会をかける信用情報機関 CIC/JICC/KSC

銀行おまとめローンが向く方

銀行おまとめローンが向く方をまとめると次のようになります。

  • 信頼感や安心感を重視したい方
  • 借入限度額の高さを重視したい方
  • 金利の低さを重視したい方
  • 長期の返済計画を立てたい方

銀行おまとめローンのデメリット

ただし信販会社や消費者金融と比べると審査時間が長いデメリットがあります。審査結果の連絡が入るまで2営業日から3営業日、借入まで1週間ほどが目安です。しかし先ほど述べたようにそれ程気にしなくても良いでしょう。

その他に注意したいのが信販会社や消費者金融と比べると審査が厳しめという点です。属性が低い方、借入額が多すぎる方、借入件数が多すぎる方は注意して下さい。

銀行おまとめローンへと一本化した後、信販会社や消費者金融のカードローンから借入を行うと借金が膨らむ恐れがあります。銀行おまとめローンへの申込みを行う前に無理のない計画を立てて下さい。

銀行おまとめローンには担保型もあります。無担保型より借入限度額が高く、金利が低いメリットがある代わりに返済できなくなると入れた担保が差し押さえされるデメリットがあるのです。自宅を担保に入れた場合は家族も一緒に住処を失う恐れがあるため、おまとめ後の返済には困らないようにして下さい。

信販会社おまとめローンの特徴は?

クレジットカードには会員を信用し、後払いで利用代金を支払って貰う販売信用と呼ばれる仕組みが備わっています。この販売信用を事業として行っているのが信販会社です。

信販会社おまとめローンにはクレジットカードを発行している馴染のある会社に申込みできるメリットがあります。中には特典を用意する信販会社もあり、お得感があるのも特徴の一つです。

信販会社おまとめローンの主な特徴やメリット

  • 申込み方法 インターネット/電話/郵送
  • 借入限度額 銀行と比べると低め
  • 返済期間 銀行と比べると短め
  • 金利 銀行と比べると高め
  • 審査時に照会をかける信用情報機関 CIC/JICC

信販おまとめローンが向く方

  • 消費者金融だと抵抗を感じる方
  • 銀行の厳しい審査に通過する自信の無い方
  • 信販会社発行のクレジットカードを持っている方
  • 信販会社の特典を重視したい方

信販会社おまとめローンのデメリット

信販会社おまとめローンでは消費者金融と比べると審査時間が長くなりがちです。1週間ほどかかるケースも見られますが、急ぎでおまとめが必要になるケースは意外と少ないはずです。信販会社では提携ATMネットワークを持っていますが、利用手数料の存在にも注意して下さい。

消費者金融おまとめローンの特徴は?

個人向けに小口融資を行っているのが消費者金融です。テレビコマーシャルを流すような大手から中小まで様々な消費者金融があります。

金融機関の一種ではありますが、銀行のように預金を預かるような事業は行っておらず、貸付を行うのみです。銀行と比べるとサービスが充実しているメリットがあります。

消費者金融おまとめローンの主な特徴やメリット

  • 申込み方法 インターネット/店頭窓口/電話/郵送
  • 借入限度額 銀行と比べると低め
  • 返済期間 銀行と比べると短め
  • 金利 銀行と比べると高め 信販会社と殆ど同じ
  • 審査時に照会をかける信用情報機関 CIC/JICC

消費者金融おまとめローンが向く方

  • 審査スピードと融資スピードを重視したい方
  • 利便性や手軽さを重視したい方
  • 銀行の厳しい審査では不安がある方

消費者金融おまとめローンのデメリット

銀行と比べると金利が高めのため、おまとめしても利息分があまり減らない可能性があります。元々金利の低いクレジットやローンから借りている場合はかえって利息分が増えかねません。

おまとめ前よりおまとめ後のほうが長い返済期間となる場合も利息分が増える可能性があります。事前にシミュレーションを行ったほうが良いでしょう。

消費者金融の審査であっても借入件数が多すぎる場合は落ちる可能性が高まります。5件以上あると厳しくなるため、借入件数が多い場合は4件以下まで減らしてから申込みしたいところです。

自分に合ったおまとめローンの選び方

おまとめローンは総量規制の対象になるの?

信販会社や消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象です。借入総額が多すぎる方、年収が少なすぎる方は審査が厳しくなります。

ただし全ての商品で総量規制の対象になる訳ではありません。総量規制には例外と除外が設けられており、顧客が一方的に有利となる借換えは例外に該当します。

中にはカードローンの他、「貸金業法に基づくおまとめローン」も取り扱う貸金業者があるのをご存知ですか。カードローンの場合、総量規制の範囲内であれば一本化できますが、範囲外になると一本化が難しいことがありました。

そんな時でも「貸金業法に基づくおまとめローン」であれば顧客が一方的に有利となるために総量規制対象外となるのです。借入総額が多く総量規制の範囲外となる場合はカードローンでは無く「貸金業法に基づくおまとめローン」を選ぶと良いでしょう。

ただし「貸金業法に基づくおまとめローン」では追加借入できませんので注意して下さい。現在ある他社借入への返済は「貸金業法に基づくおまとめローン」を提供している貸金業者が直接行う点も事前に把握しておきましょう。

貸金業者ではない銀行も総量規制の対象外となります。おまとめローンは勿論のこと、カードローンであっても総量規制を気にせずに利用できます。

消費者金融アコムの特徴は?

国内大手消費者金融のアコムでは豊富な審査と融資のノウハウを持っています。そのためスピーディーな審査と融資が受けられるのが一番の特徴です。

他の金融機関と比べると審査通過率が高い特徴もあるため、審査に自信が無い方はアコムを選ぶと良いでしょう。ただし審査通過率40%後半で推移している関係上、半分の方は審査に落ちている状況です。必ず100%審査に通過する訳ではありません。

消費者金融プロミスの特徴は?

国内大手消費者金融のプロミスはSMBCグループの一員です。三井住友銀行との取引がある顧客なら、その取引が実績となって審査が有利になる可能性があります。

過去に三井住友銀行から借りた実績がある方はプロミスを選ぶと良いでしょう。ただし過去の返済で遅延した実績があると審査が不利になるため、毎月の返済はきちんと守っていくことが重要です。

その他にも大きな特徴と言えるのが会員向けの優待サービス「おとくくらぶ」となっています。レジャーやグルメなど国内様々な施設にて優待が受けられます。消費者金融ながら信販会社のような魅力を持っているのです。

楽天銀行の特徴は?

国内大手ネット銀行である楽天銀行は毎月の返済額が少額という特徴を持っています。現在より毎月の返済額を抑えたい方は楽天銀行を選ぶと良いでしょう。ただし返済期間が長くなりやすいため、利息分が増えないよう積極的に繰り上げ返済を行って下さい。

三井住友銀行の特徴は?

国内大手都市銀行である三井住友銀行ではプロミスが審査を担当しているためスピーディーという特徴があります。大手都市銀行の安心感と審査のスピーディーさを重視したい方は三井住友銀行を選ぶと良いでしょう。ただし過去にプロミスで返済の遅延が合った方は審査が不利になる可能性があります。